新型コロナウイルス対策レポート (4月15日)「IRSによる現金給付開始」など

ニュース

更新:04/15/2020

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が猛威を振るっており、我々企業を取り巻く環境も刻々と変化しつつあります。このような状況を受け、米国パソナでは、少しでもお客のお役に立てる情報を日々発信してまいります。

IRSによる現金給付開始

IRSは、4月11日、経済救済の現金給付が開始されたことを発表しました。また、4月中旬に、各個人の支給状況や、支給方法の選択(銀行振込かチェック郵送のいずれか)、受け取りの日付などを確認できるツールをローンチすることを発表しました。銀行振込の方が、早く受給することが可能です。タックスリターンの際に申告した住所から引越しをした場合は、住所転居をIRSに必ず申告ください。

⚫住所変更の申請方法はこちらからご覧ください
Topic No. 157 Change Your Address – How to Notify the IRS(英文)

なお、この現金支給に関わる詐欺が相次いて発生していますのでご注意ください。IRS側からemailや電話などで連絡をして個人の情報を収集・確認したり、支給費用を要求することは一切ありません。
※参照:IRS公式Twitter(英文)
※参照:IRS公式ウェブサイト(英文)

非移民ビザにおける延長・ステータスチェンジ申請における緊急措置の発表

米国移民局は4月13日に、新型コロナウィルスパンデミックにおける影響と対応の緊急措置を発表しました。基本的には、非移民ビザ(種類はこちら)を保有している場合、通常時の滞在期間はI-94の滞在期限までですが、新型コロナウィルスの影響でやむを得ず米国にとどまらなければならない場合を鑑み、以下の処置を行うと発表しました。

延長申請をしてください:
新型コロナウィルスの影響を受けた方は、延長申請やステータスチェンジの申請を行うことで、違法滞在となることを避けることができます。必要書類は全てウェブサイトにて無料で入手可能です。

期限前に延長申請をした方は:
非移民ビザの方は、期限前に延長申請をした場合、申請のステータスがPending(保留中)だとしても違法滞在となることはありません。就労をされている方に関しては、同じ雇用主の下でのEADの延長申請を期限前に行った場合は、違法滞在となることはなく、I-94の期限が切れた後240日の間は違法滞在となりません。

期限後の申請に対する柔軟対応:
延長申請やステータスチェンジの申請(I-129やI-539)をビザ期限日の後に申請した場合でも、新型コロナウィルスの影響を受けた場合であれば、通常通りに受け付けます。ただし、遅延期間は状況にふさわしい期間でなければならず、それを証明する追加の書類が必要で、USCISが各ケースに合わせて審査を行います。(この特別処置は、新型コロナウィルスのみの特例ということではなく、過去に起きた災害時などにも適用となったことがあり、現行の法律によって保障された措置です)。

ビザ免除プログラムで入国をされた方への柔軟対応:
旅行目的で受けられるビザ免除プログラム(Visa Waiver Program)によってビザ申請が不要な国(日本を含む)から入国をしている方は、基本的には滞在の延長申請をすることはできません。しかし、このコロナウィルスのようの緊急事態によって帰国が出来ない場合、USCISは、無事帰国できるために30日の猶予を与えることができます。もし、すでに30日が経過していても帰国が叶わない場合は、追加で30日の猶予を与えることができます。この措置を受ける場合は、必ずUSCISのコンタクトセンターへ電話する必要があります。(この措置も、新型コロナウィルスのみの特例ではなく、現行の法律によって保障された措置となります)。

なお、当記事はUSCISサイトの和訳になります。ビザについての具体的な質問やお問い合わせは、移民弁護士にご相談ください。

※参照:U.S. Citizenship and Immigration Services Contact Center(英文)
※参照:U.S. Citizenship and Immigration Services(上記情報源・英文)
※参照:U.S. Citizenship and Immigration Services(その他、過去のニュースを含む新型コロナウィルスに対する対応のまとめ・英文)

農業従事者への援助のため、最大$91.8 millionの助成金を発表

米国労働省は、4月14日、農業従事者への援助のために、最大$91.8 millionの助成金を捻出することを発表しました。この助成金は、新型コロナウイルスの被害が続くなかでも、食糧供給を維持するために、農業従事者への支援として行われます。National Farmworker Jobs Program(NFJP)を通じて、農業従事者のトレーニングや、季節労働者の住居補助などに使われる予定です。

※参照:U.S. DEPARTMENT OF LABOR(英文)

米国各州におけるCovid-19特設サイト

全米各州、各郡のウェブサイトにて、新型コロナウィルス対策をまとめた特設サイトが(英文)がありますのでご利用ください。
⚫New York: https://coronavirus.health.ny.gov/home
⚫Illinois: https://coronavirus.illinois.gov/s/
⚫Michigan: https://www.michigan.gov/coronavirus/
⚫Georgia: https://dph.georgia.gov/novelcoronavirus
⚫Texas: https://www.dshs.texas.gov/coronavirus/
⚫California: https://covid19.ca.gov/state-local-resources/#top

Paycheck Protection Program 概要(日本語版)

Paycheck Protection Programについて、制度概要から申し込み方法まで、日本語で分かりやすくまとめられた記事を共有します。一般媒体機関の記事ではないことをご了承いただいたうえで、あくまでご参考としてご覧ください。

転載:Medium「アメリカ経済対策の目玉「PPP」解説 〜制度概要から申込方法まで〜(市川 紘氏)」

この記事をシェアする