新型コロナウィルスの感染拡大における在米日系企業様のお悩みについて

人事・組織

更新:04/09/2020

新型コロナウィルスの感染拡大が続くなか、企業を取り巻く環境も刻々と変化しています。今回のニュースレターでは、これまでに米国パソナに寄せられた日系企業様のお悩みを共有させていただきます。そしてこのような状況下だからこそ、米国パソナは、皆様のお悩みに対して、柔軟に、様々な形でお応えしてまいります。いつでも、お気軽にご相談ください。

お悩み① 早急に人員体制の見直しが必要

▶企業様のお悩み:
外出規制などの状況が今後も続くと、従業員の雇用維持が難しくなる。近い将来の業務再開を見通したうえで、従業員の貢献度に沿った適切な対応・処遇を早急に準備・実行する必要がある。

▶パソナができるお手伝い:
各州の法令に従った雇用調整実施サポートや、調整対象となった従業員への再就職支援、各種社会保障制度の活用をアドバイスすることが可能です。

ご提供サービス】
人員体制見直し・雇用調整のコンサルテーション
再就職支援 
(アウトプレースメント)など

お悩み② 日本帰国後、米国に残る業務の対応が必要

▶企業様のお悩み:
事業縮小・撤退が決定し、急遽日本帰国が決まったため、米国に残る業務をどのように処理するべきか悩んでいる。また、駐在員に一時帰任命令が出たなか、大半の業務はストップせざるを得ないものの、現地対応が必要な最低限の業務があり、それらをどうハンドリングすればよいか迷っている。

▶パソナができるお手伝い:
各種お問い合わせ対応、郵便レター対応、人事・経理・給与業務を代行します。

【ご提供サービス】
日本本社と現地法人間のリエゾン代行、
人事・経理・給与業務代行など

お悩み③ 急な対応が増え、一時的に労働力が必要

▶企業様のお悩み:
新型コロナウィルス感染拡大の影響で、急な業務や対応が増えており、一時的に業務をアウトソーシングしたい。しかし、在宅勤務という状況のなか、派遣スタッフを依頼できるのか分からない。また、在宅勤務の派遣スタッフに対して、どのように効率的に業務フローを構築すればよいか悩んでいる。

▶パソナができるお手伝い:
米国パソナの人材派遣は、必要な時に、必要な期間だけ、ご活用いただけますので急な業務増加にも柔軟に対応可能です。また、現在、弊社より派遣中の約8割の派遣スタッフが在宅勤務にて業務に従事しています。また、在宅勤務スタッフへの業務フロー構築についてもご提案・ご支援いたします。

【ご提供サービス】
人材派遣

この緊急時下、皆さまのお悩みはつきないことと存じます。お悩み、お困りごとに、弊社は、できる限り柔軟に対応してまいりますので、どうぞお気兼ねなくお問合せください。皆さまと共に、手を取り合い、支えあって、この困難を乗り越えていけたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【米国パソナサービス詳細】
解雇関連含む人事コンサルティング
再就職支援、アウトプレースメント

この記事をシェアする