新型コロナウイルス対策レポート (4月7日)「米国労働省が新型コロナウイルス対策の新しいOSHAポスターを公開」など

ニュース

更新:04/07/2020

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が猛威を振るっており、我々企業を取り巻く環境も刻々と変化しつつあります。このような状況を受け、米国パソナでは、少しでもお客のお役に立てる情報を日々発信してまいります。

米国労働省が新型コロナウイルス対策の新しいOSHAポスターを公開

米国労働省の労働安全衛生局Occupational Safety and Health Administration (OSHA) は、新型コロナウイルスへ接触リスクを軽減するため、すべての職場で取れる対応・措置をリストにした新しいポスターを発行しました。このポスターは従業員を保護するために、雇用主が実施できる10の感染防止対策を記載しています。新しいポスターは、英語、またはスペイン語でダウンロードできます。現時点で、オフィスでの掲示や配布の義務は発表しておりません。

⚫Poster Links
(OSHA 3994 – 2020) (English: PDF)
(OSHA 3995 – 2020) (Spanish: PDF)⚫参照:U.S. DEPARTMENT OF LABOR
⚫参照:労働環境の安全対策について(OSHAページ)

日本政府が緊急事態宣言を発令

日本政府の新型コロナウイルス感染症対策本部は、特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令しました。感染が急拡大している東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象で、実施期間は7日から5月6日までの予定です。

⚫参照:日本経済新聞(2020年4月7日付)

JETRO / 北米の各ジェトロ事務所に相談窓口を設置

新型コロナウイルス感染に対応する在北米日系企業の活動支援を目的として、北米における各ジェトロ事務所に相談窓口が設置されました。詳細は下記URLをご覧ください。

⚫参照:JETRO
⚫参照:JETRO「新型コロナウイルス関連情報の特設ページを開設」

この記事をシェアする