最新新型コロナウィルス関連情報&HRニュース(11月23日)【OSHA:COVID-19ワクチン接種およびテスト義務化の施行を一時停止】など

NEWS

更新:11/23/2021

【OSHA:COVID-19ワクチン接種およびテスト義務化の施行を一時停止】

2021年11月12日、米国第5巡回区控訴裁判所は、11月5日に公表されたOSHAのCOVID-19ワクチン接種およびテストの緊急暫定基準(ETS) の停止申し立てを認め、OSHAに対し裁判所の追加命令があるまでは実施または施行の措置を取らないように命じました。これによりOSHAはETSの実施および施行に関連する活動を中断しています。

 

《参考資料》

COVID-19 Vaccination and Testing ETS / OSHA

【USCIS:E/H-4/Lビザの配偶者の就労許可の自動延長に関する新ガイダンスが施行】

米国移民局(USCIS:U.S. Citizenship and Immigration Services)は、E/H-4/Lビザの配偶者が就労許可証(EAD:Employment Authorization Document)の更新申請を適時に行い、かつI-94が有効である場合においてEADの有効期間延長を可能とする措置を発表し、即日施行されました。USCISが更新申請を却下しない限り、最長180日間自動的に延長されます。詳細は、USCISホームページでご確認ください。

 

《参考資料》

H-1B, L-1 Update: USCIS Adopts Policy Changes / The National Law Review (Nov 11, 2021)

【NY州:特定の企業に従業員の州退職金制度への自動加入を義務付け】

ニューヨーク州知事は、2021年10月21日、州内の民間雇用主が独自の退職金制度を従業員に提供していない場合、その従業員を州が運営する退職金制度に自動的に登録することを義務付ける法案に署名しました(Assembly Bill A3213A)。州内で10人以上の従業員を雇用し、創業2年以上、過去2年間に401Kや403(b)などの退職年金制度を従業員に提供していない雇用主は、自動的に従業員を州のSecure Choice Savings Programに登録することが義務付けられます。これは、自動給与控除を財源とする個人退職金口座型の退職金積立プログラムです。

該当企業やプログラムに関する詳細は、州のホームページよりご確認ください。

 

《参考資料》

Governor Hochul Signs Legislation Ensuring Retirement Plan Security for Private Sector Employees / New York State (Oct 21, 2021)

New York State to Require Certain Private Employers to Automatically Enroll Employees in State Retirement Program / Proskauer Rose LLP (Oct 29, 2021)

【お問い合わせ】

Pasona N A, Inc.
infonews@pasona.com

【免責事項】

本メールに記載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、ご利用者が当情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。本情報に起因してご利用者に生じた損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする