米国パソナのCSR活動レポート ~いま私たちにできること~

人事・組織

更新:08/11/2021

パソナグループの企業理念である「社会の問題を解決する」を基に、私たちパソナグループでは、ソーシャルアクティビストとして、雇用創造という大きなテーマに取り組むかたわら、様々な人々に自分の能力・才能を発揮する機会を提供するため、障がい者支援、文化・芸術活動、国際交流やボランティア基金の運営など、多様な社会貢献活動に取り組んでいます。(ご参照:パソナグループ 社会貢献活動方針)

米国パソナでも「いま私たちにできること」にフォーカスし、新型コロナウィルスの影響が続くなかではありますが、社会貢献に繋がるような社内外活動を行ったり、社員にとっての学びの場を設けています。今後、弊社のCSR活動への取り組みを定期的にご紹介させていただきたく、今回は、2021年3月と7月に行った2つの活動についてご紹介します。

「Diversity & Inclusion Educational Campaign」 多様性を受け入れて活かし合うことについて

今年3月には「Diversity & Inclusion Educational Campaign」と称して、「多様性を受け入れて活かし合う」ことについて、2つの社内セミナーを開催し、社員同士の学びを行いました。

セミナー第1弾「Live Session: Let’s Talk About Diversity, Inclusion & Equality」では、Diversity, Inclusion、Equalityとはどのような概念なのかを説明し、そこを理解したうえで社内の様々なバックグラウンドを持つ社員の生い立ちをはじめ、経験したカルチャーショックや考えなどに耳を傾ける場を設けました。Diversityとひとことで言っても、言葉や文化の違いだけではなく、様々な多様性が存在することに社員同士が気づく機会となりました。

セミナー第2弾「Live Conversation about LGBTQ community with Evie Scrivner; CEO of Dallas Hope Charities」では、ダラスを拠点にLGBTQコミュニティの支援活動をしているNPO団体「Dallas Hope Charities」より、Evie Scrivner氏をゲストスピーカーとしてお迎えし、LGBTQコミュニティについて、また彼らが直面している問題や、私たちがどう接するべきかについて講義をいただき、学びを深める機会を得ました。

さらに上記2つのセミナーのほか、社員参加型企画「The Great Kindness Challenge」を開催。キャンペーン期間中に従業員同士が10個のKindness Activitiesをできるだけ多く実行し、自発的に行う「思いやりのある行動」を促しました。これは、全従業員が在宅勤務中(2021年3月当時)というなかでも行える参加型アクティビティとして実施しました。

「初めての就職活動 in USA -キャリア相談セミナー」 「働くとは何か?」を考える機会の提供

7月には、コロナ禍のため、学校のリソースやネットワーキング活用が難しくなった学生の方やインターンシップをお探しの方に向けて、米国における就職活動をサポートするため、「初めての就職活動 in USA -キャリア相談セミナー」として個別相談会も合わせて開催しました。米国ではパンデミックの影響を大きく受けており、大学をはじめ様々な教育機関では、授業はもちろん就職活動などに関する重要な情報配信についても、そのほとんどがオンライン経由となっています。従来通りキャンパスへ通っていたら自ずと入手できた就職活動において必要な情報収集が、コロナ禍ではとても難しいという学生の声を聞き、企画しました。

セミナーには米国外から参加くださる学生もいらっしゃり、前半では「初めての就職活動における重要ポイント」をリクルーターとして活躍する弊社社員から説明、後半ではQ&Aセッションをかねて、同じ境遇にいる方同士の情報共有の場を設けました。弊社参加メンバーが自らの体験談をもとにアドバイスを行うなど、アットホームな雰囲気のなか行われたこのセミナーは、パソナグループのフィロソフィーでもある「働くとは何か?」を考える機会となり、私たちパソナ社員が大切にしている「働くを楽しみ、豊かな人生を送り、社会に貢献することで、誰もが生きがいや喜びを感じ、“ソーシャルワークライフバランス”を実現できる社会を築く」という想いも共有できたのではないかと思います。

また、セミナー後には個別相談会を実施し、キャリア、就職活動に関して様々なお悩みを伺いました。参加者からは「コロナのため、積極的に外にも出られず、就活も上手くいかず、焦燥感のなか自信をなくしていましたが、今回相談できて前向きになれました」というお言葉をいただくことができました。

米国パソナでは、引き続き、企業理念である「社会の問題を解決する」を元に、
様々な活動を継続する予定ですので、随時活動報告をお届けさせていただきます。
米国パソナのCSR活動にご意見、ご感想がございましたら下記までお寄せください。

Pasona N A, Inc.

pnacsr@pasona.com

【免責事項】

本メールに記載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、ご利用者が当情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。本情報に起因してご利用者に生じた損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする