アメリカのビジネス税チェックリスト39 〜主要な税金知識から経理チームの立ち上げまで〜

税金米国新規進出

更新:04/21/2020

日本と比べてアメリカの税金の仕組み・税務は非常に複雑です。主な理由としては、アメリカには連邦法人税と州、地方自治体に支払う3つの税金があるためです。特に州の法人税は州ごとに大きく異なり、複数の州をまたいで営業活動を行なっている場合、それぞれの州のやり方に合わせて税務申請を行わなければなりません。

また、税率も常に一定ではなく、年々更新されるため常に最新情報にアンテナを貼っておく必要があります。

本資料では、これからアメリカで経理処理を行う日系企業様に向けて、基本的な税金、主要なTax CreditとTax Deductionの解説から、経理チーム立ち上げのポイントをチェックリスト形式でまとめました。

本資料の3つの特徴

POINT
1

2020年度版の最新ビジネス税情報

Sales TaxやUse Taxなど、2020年度版の主要アメリカビジネス税をリストとしてまとめています。連邦・州別の最新の税率が分かります。

POINT
2

Tax CreditとTax Deduction

米国に進出する日系企業が抑えておくべき主要なTax CreditとTax Decuctionの一覧、それぞれの取得条件を分かりやすく説明しています。

POINT
3

社内経理チームの構築のポイント

アメリカで事業展開をするうえで外注すべき経理業務と内製すべき経理業務の切り分け、また経理人材採用のコツ、ERP導入のポイントを解説。

資料請求

※貴社名、お名前などのご入力はアルファベット(半角英数)にてお願い申し上げます。
※ご登録のEmailは、GmailやYahooなどのフリーアドレスはお控えくださいますようお願い申し上げます。
※ご記入いただいた情報は、Pasona N A, Inc.にて適切に管理いたします。

この資料をシェアする