米国事業展開におけるオートメーション最適化チェックリスト

業務改善

更新:02/22/2021

本資料では、米国にて管理業務の最適化を検討されている日系企業様に向けて、「アメリカ子会社の管理部門が抱える課題」「オートメーションとアウトソーシング導入時のポイント」「オートメーションすべき管理業務タスクリスト」をチェックリスト形式でまとめました。

オートメーション・アウトソーシング導入すべき業務の特性、よくある課題や導入時のポイント、活用できるツールなどをご紹介しております。これから管理業務の効率化を行う企業様はぜひご参照ください。

本資料に関する不明点やご相談をご希望の方は弊社の問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

本資料の3つの特徴

POINT
1

米国子会社の管理部門の課題

アメリカの子会社の管理部門のよくある課題と傾向を紹介。さらに会社の体制強化のため、オートメーションとアウトソーシングすべき業務の特徴をまとめました。

POINT
2

自動化とアウトソーシングのポイント

クラウド導入率が世界でも高いアメリカにおける自動化やアウトソーシングに取り組む際のメリットやコスト、さらによくある課題や導入の流れ、導入する際のポイントを網羅的に紹介しています。

POINT
3

自動化すべき業務リスト

資料の最後にオートメーションすべき業務リストの一例をまとめました。具体的に取り組むべきタスク例をご確認いただけます。

監修者

宇田川 舜

PASONA N A, INC.

経歴

パソナ東京本社にて、米国進出事業に携わり毎年40~50社の日系企業の米国進出を支援。前職では南アフリカ共和国での海外勤務経験もあり、海外におけるローカルマネジメント、海外人事労務に精通している。
直近での登壇セミナーは「Globizz社主催米国進出セミナー(医 療 機 器)2019年9月14日」、「パソナ主催:アメリカ南東部セミナー2019年6月19日」、「テネシー川流域開発公社(TVA)主催:消費財メーカー及び関連企業向け米国市場進出セミナー2019年2月14日」「米国・ペンシルベニア州ビジネスセミナー~中小企業のアメリカ進出・イノベーションエコシステムの紹介~2018年11月6日」など。

資料請求

この資料をシェアする