第3者目線での高レベルな改善提案に満足

ShinMaywa (America), Ltd.

1989年に設立されたシンメイワ(アメリカ)社は、ワイヤー加工システムを通じて北米の自動車産業だけでなく、南米の他産業にも貢献。ワイヤー加工システム、水中ポンプ、ダイレクトドライブモーターのマーケティング、販売、アフターサービスを行っています。

パソナが提供するBPRコンサルティングサービスをご利用いただいたご感想をご担当者様から伺いました。

課題

― BPRコンサルティングを導入された背景、御社が抱えていらした課題についてお聞かせいただけますか?

サービス導入背景としては、弊社のグループ基本理念である「応え」「創り」「挑み」続けるための業務改革の第一ステップとして現状把握及び課題抽出を行う必要があったためです。

ソリューション

<米国パソナのご提供サービス>
BPRコンサルティングサービス

バックオフィス(経理・給与・人事)の業務フローの効率化、人員・ITの最適運用を実現するため、専門のコンサルティングスタッフによる現状分析・プランニング、そして導入までをお手伝いするサービスです。

―なぜパソナのコンサルティングサービスをお選びいただいたのでしょうか?

他のコンサルティング会社にもコンタクトを取りましたがレスポンスが悪かったのと、パソナによる弊社グループ会社 ShinMaywa(California)のBPRコンサルティング実績を高く評価していたこともあり、パソナに相談させていただきました。パソナはコンサルティングだけでなく、その後の解決策のひとつであるアウトソーシングのリソースもあるため、すべて一括でサービス提供していただけるところが良いと思い、お願いしました。

導入効果

― BPRコンサルティングサービスはどのような点をご満足いただけましたか?

今まで担当者の業務内容、フローが見えていなかったのですが、業務フローチャートを作っていただいたことにより、日々の業務が可視化され業務フロー上の課題に気付くことができました。業務可視化が可能になったことにより、具体的な改善計画を推進する事が出来る様になったのが何よりのメリットで、サービスを導入して本当に良かったと感じています。

現在、社内業務が増えてきているため、今後はパソナのアウトソーシングの利用を検討しています。パソナは、弊社業務フローや業務詳細を把握した上で、効果を最大限に活かす形でのアウトソーシングサービスの提案をしていただけるので大変満足しています。

 

― サービス導入をご検討中の在米日系企業様へのメッセージがあればお願いします。

多くの企業様が悩まれているように、現状把握という作業は日常の業務に埋没してしまい、やろうと思っていてもなかなか手のつけられないタスクだと思います。BPRサービスを実際に導入したうえでの正直な感想としては、自社の現状把握は内部で行うよりも外部のプロフェッショナルに客観的に状況分析していただいた方が間違いがないと感じています。結果、社内では気付けなかった課題を定義していただけたこと、さらには課題に対して、第3者目線での改善提案を受けることができました。社内だけで行おうとしても、なかなか到達できないレベルだと思います。

ShinMaywa (America), Ltd.

ShinMaywa (America), Ltd.


https://www.shinmaywa.co.jp/america/

事業内容 :

自動電線処理機、流体関連製品の販売・保守・修理

この記事をシェアする

パソナのワークフォースソリューションズに関してお気軽にお問い合わせください。