バイリンガル候補者の就職・転職事情~デジタル変革2020年

お役立ちコラム

更新:12/10/2020

アトランタオフィスのリクルーターが「アニス アトランタ」に毎月寄稿させていただいている「バイリンガル求職者の就職・転職情報」をご紹介します。同誌は、ジョージア州アトランタをはじめ、南東部にお住まいの日本人の皆様を対象に毎月無料でお届けしている日本語のコミュニティーマガジンです。弊社の経験豊富なリクルーターがお届けする記事をぜひご覧ください。

【2020年の変化】

色々な出来事が起こった2020年もあっという間に12月を迎えました。この1年で急速に変わった、または変わらざるを得なかった事がいくつもあります。ビジネスに関連するものでは、失業率、働き方、コミュニケーションの仕方などが、パンデミックに影響され変化しました。企業は手探りながら、急速に在宅勤務に移行をし、コミュニケーション方法も対面からデジタルに必然的に移行していきました。ネガティブな話題が多かった2020年もテクノロジーの観点からみると、著しい発展を遂げたと言えます。デジタルコミュニケーションに於いての変革は、非常に大きな課題であると多くの企業が認識していますが、COVID-19により変わらざるを得ない状況になった今年、デジタル分野のトランスフォーメーションが一気に6年加速したと言われています。デジタルコミュニケーションは、もはやビジネスに於いて不可欠であり、引き続き企業の大きな課題である事は言うまでもありません。パンデミックがテクノロジーの進歩を後押した形になりましたが、何かが大きく進化する時、このような大きな外的要因が影響されるというのは、世の常なのかもしれません。

【働き方の変化】

働き方については、どこで、どのように、いつ働くか、という概念が半永久的に変わった企業が多かったと言われています。一方、企業側も何をするか、なぜそれをするか、どのようにするか、という新しいビジョン、戦略、マインドセット、ルール変更が早急に必要となりました。従来とは異なる顧客ニーズに対して、アプローチ方法、サービス提供の仕方等が変わりましたが、どう変化しても結局は“人間力”が非常に重要視され、人と人とのつながりが以前より増して重要になっています。

【人事分野での変化】

この様な変化は、人事の分野でも同様です。就職活動に於いて、一番想像がしやすい変化が面接だと思います。以前は対面面接が主流だったのが、現在ではオンライン会議システムを通じての面接が主流で、内定も直接企業に出向くことなく決定される事が当たり前になって来ています。テクノロジーの発展を考えた時、今後起こりうるであろう事は、人事が担当をしているプロセスの一部を機械が代行する事です。これは人を排除する目的ではなく、人・機械がお互いの長所を活かし、仕事を効率化させるためという合理的な理由からではありますが、このような分担制はデジタルトランスフォーメンションの一環として注目されています。機械が得意とするのが単純作業、繰り返し作業であることを考えると、求職者の皆さんに大きく影響するのは、“レジュメ”と簡単な“質問事項回答”になるのではないかと考えています。企業から募集要項が出て、それに対して求職者が応募をしますが、双方から提出される文書、つまり“募集要項”と“レジュメ”、更に詳しく言うと、その中身がこれまでよりも重要になってきます。現在、募集要項に対し、人事担当が応募されたレジュメを見ながら書類選考の判断をしていますが、この作業を機械がする場合、双方の言葉の選び方により、合否が分かれる可能性も否めません。そうすると、いかに募集要項に適したレジュメを提出するかがカギとなりますので、従来通り複数のポジションに対して同じレジュメを送る事は良しとされず、ポジションに合わせた適切な言葉遣いをしたレジュメを各案件に提出する事が不可欠になってきます。また、全体の言葉遣いから応募者の傾向を読み取る事もできるAIを考えると、レジュメ一つに於いても、自分自身で研究をし、工夫しながら作成していく必要があります。また、企業からの質問事項に関しては、気づかずとも機械が応答をしていたり、面接の前に自分で自己紹介を録画して先に企業に提出するなどの新しい方法が用いられる可能性もありますので、求職者の皆さんはその変化についていけるように、心づもりをしておくと良いでしょう。

それでは、皆さん、素敵なホーリデーシーズンをお過ごし下さい。来年もどうぞよろしくお願いします。

 

「ANIS ATLANTA」(12月号より抜粋)

Akiko Komura/Pasona NA, INC. Atlanta Office
pasona.info@pasona.com
就職・転職活動でご質問やご相談があればいつでもお問い合わせください。

お困りの際は、弊社各担当、
もしくは下記までお気軽にご相談ください
Pasona N A, Inc.
pasona.info@pasona.com

記載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、ご利用者が当情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。
本情報に起因してご利用者に生じた損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事をシェアする

Your Partner For Success パソナのお仕事検索
転職・就職 TIPS
CATCH!米国パソナの情報発信メディア