サイバー攻撃を予防するためには

お役立ちコラム

更新:04/01/2020

新型コロナウィルスの感染拡大への懸念を利用した、フィッシングメールやスパムメールなどが相次いでいるようです。これは、タイムリーな時事話題を悪用し、Eメール内のリンクをクリックさせ悪意のあるサイトに誘導をしたり、メールを開封させることで添付ファイルに仕込まれたウィルスなどに感染させたりします。

非常時、混乱時には、いつにも増してこのようなサイバー攻撃が発生しやすくなりますので、いま一度セキュリティについて再確認をしましょう。

【サイバー攻撃予防のための重要ポイント】

◆重要1

覚えのないメールアドレスからのメールは開かない。攻撃型の迷惑メールの多くは、フリーメールアドレスを使用しています。怪しいメールはすぐに削除してください。

◆重要2

覚えのない添付ファイルを開かない。ハイパーリンクをクリックしない。コロナウィルスの混乱につけ込み、関心度の高いコロナという単語が多く使われているようです。信頼のできる発信元以外からの添付ファイルやリンクには十分に気をつけましょう。

◆重要3

万が一、仕事で使用しているパソコンにウィルス感染の疑いがある場合は、パソコンをネットワークから切り離し、所属企業の定められた運用ルールに従い、すみやかに上長または社内の情報を集約している窓口に報告・相談しましょう。

記事作成: シカゴ支店リクルーター
マスホルダー綾佳

Pasona N A, Inc.
info@pasona.com

ご不明な点やお悩みなどはいつでもお気軽にお問合せください

この記事をシェアする

Your Partner For Success パソナのお仕事検索
転職・就職 TIPS
CATCH!米国パソナの情報発信メディア